TOP > 先輩ドライバーインタビュー > 先輩女性ドライバーにインタビュー:高橋さん(入社1年半 ドライバー)
先輩女性ドライバーにインタビュー:高橋さん(入社1年半 ドライバー)

――高橋さんが「日本交通横浜」に入られたきっかけを教えて下さい。

高橋:もともと車や乗り物が好きで、運転の仕事に興味がありました。だから最初からタクシーの求人に絞って探したんです。昔、都内の方に住んでいたときに、よくタクシーを利用していたのですが、そのときに「日本交通」のタクシーってちょっと違うという印象が自分の中にありました。そんな「日本交通」が最近、横浜の方に進出してきたと聞いて、じゃあ、この会社でやってみようかなと思って、応募しました。

――利用者として「日本交通」はどこがちょっと違うと思いましたか。

高橋:当時、夜、タクシーに乗ることが多かったんですが、「日本交通」のタクシーで嫌な思いをしたことがないんです。他の会社のタクシーだと、行き先が近いと対応が悪いこともあったのですが、「日本交通」に関しては基本的にそういうのがありませんでした。気持ち良く乗って、気持ち良く降りられるタクシー会社、という印象がありました。

――「日本交通横浜」で実際に働いてみてどうですか?

高橋:私は働きはじめて1年半になるんですが、今、とても楽しいですね。同期がいて、最初から楽しくはじめられたんですが、お客様にお褒め頂いたときは、とてもやりがいを感じます。

――お客様から褒められて嬉しかったことを教えてください

高橋:芳香剤を置いているわけではないのですが、お客様から「女性の車って、いいにおいだね」ってよく言われます。 あとは「安心して乗れた」っていうのもよく言われますね。この間、首を悪くされてるお客様を乗せたんですが、「タクシーに乗ると、絶対に首が痛むんだけど、今日はそんなことなかったわ」って言われて。こんな風に誰かの役に立てるって嬉しいな、いい仕事だなと思いました。

――高橋さんは小さいお子さんがいらっしゃるそうですが、無理はないんですか。

高橋:「日本交通」には昼勤務があって、「何時まで働かなきゃいけない」などの決まりがないので、夕方に用事がある場合は、2時、3時に上がって帰ることもありますし、子どもが風邪引いたときも、早く上がって迎えに行ったりできるんですよ。そういう融通が利くので、むしろ働きやすいと思います。

――それは子どもがいる女性にとってはうれしいですよね。

高橋:この仕事選んだ大きな理由のひとつですね。何かあったときにすぐに駆けつけられる仕事ってあんまりないですよね。たとえば事務職だと、早退して仕事に穴をあけたら同僚に迷惑かけたりしてしまいます。そういう心配をしなくていいということが決め手になりました。

――子どもがいる女性が安心して働ける環境なんですね。

高橋:安心ですね。子どもが具合悪くなった時は、タクシーのまま迎えに行って、乗せて帰ってきます。自分でメーターを入れて、自分で料金を払って、それができるのがタクシーなんですよ。その辺りが、女性が働くのにいい部分じゃないかと思ってます。それこそ学校の授業参観や面談に呼ばれたら、タクシーですっ飛んでいきますよ。

――高橋さんのこれからの目標を教えて下さい。

高橋:小さなお子さんを保育園に送り迎えするのに使う方も結構たくさんいらっしゃいます。「女性の乗務員で良かったわ」っていう方もいらっしゃるので、そういうニーズをもっと取り込んでいけたらいいなと思っています。ブログやフェイスブックもありますし、女性ならではの視点で情報を発信していきたいですね。


日本交通横浜株式会社
〒245-0051 神奈川県横浜市戸塚区名瀬町1152