TOP > “さくらレディース”女子会
“さくらレディース”女子会

“さくらレディース”女子会で聞いてみました

__いよいよ「日本交通横浜」期待の女性ドライバーチーム“さくらレディース”がスタートしますね。
女性チームならではのアイデアはありますか?


Tさん
私、子どもの保育園の自己紹介で「タクシー乗務員やってます」って言ったら、「今度、迎えに来てほしい」「もしものときは、お願い」って結構言われるんです。
子どもを保育園に通わせているお母さん達は、それぞれ外で仕事をされている人が多くて・・・・・お金を払ってでもお迎えに間に合うようにしたいっていう、切実なニーズがあるみたいですよ。
Sさん
私もそうでした。2人目の子どもがまだ小さくて、お迎えが大変な時期もありましたし、仕事で遅くなって、お迎えの時間に間に合わないかもしれないって、焦った経験もあります。
女性のタクシーがあれば、子どものお迎えに利用したと思いますよ。
Eさん
妊娠中は私も切実でした。うちも娘が保育園に行ってたので、「お願いだから、その時間に迎えに行って」っていう気持ち、よく分かります。
Mさん
私も子どもの送り迎えって、男性の運転手さんより女性の方が、何となく安心されると思うんですよ。保母さんも女性の方が多いし。親御さんにも安心してもらえるかなって。
Cさん
おなかが大きくなってきて、車の運転ができない方もいらっしゃいますよね。やっぱりそういう人の手助けができればいいなって思いますね。

__妊婦さんといえば、陣痛タクシー※のご経験はありますか。


Cさん
ありますよ。破水している妊婦さんを乗せました。ご自分で防水シートを持参されて、「破水した」っておっしゃっていたので、病院までの道のりも、使命感というか、元気な赤ちゃん生んでください、っていう思いで運転してました。
Eさん
自分がもし利用するなら、陣痛タクシーも女性ドライバーがいいなって思います。もちろん男性ドライバーがダメというわけではないですが、実際にお産の経験がある女性ドライバーも多いですし、やっぱり安心感がありますよね。

__タクシードライバーならではの面白いエピソードってありますか。


Mさん
これは、タクシードライバーなら“あるある”な話だと思うんですけど、オフの日に車を運転していて、手を上げている人を見るとつい止まりたくなりますね(笑)。
Fさん
うちは5歳の息子がいるんですが、いつもタクシーで送り迎えしているので、車のドアは自動であくものだと思ってしまってて(笑)。普通の車なのにドアがあくまでじっと待っていたりしますよ。
Sさん
たぶんみなさんもあると思うんですが、同じお客様を何度も乗せることって意外とあるんですよ。顔見知りになって、気さくにいろんな話をしてくださったりして、楽しいですよ。

__お話を伺っていると、私も“さくらレディース”に入りたくなってきます(笑)これからやりたいって人に一言アドバイスとかってありますか?


Tさん
収入を重視して、がっつり働くこともできますし、プライベートを重視して、のんびり働くこともできます。全て自分で決められる仕事なので、そこがとてもいいところだと思いますよ。
Sさん
やっぱり時間の融通が利くので、お子さまをお持ちの方も、ご家族の介護がある方も、仕事したいけど、時間的にできないってあきらめているような方には、まずは説明を聞きに来てほしいと思います。
Cさん
「日本交通」は65歳定年で、長く働けるのがいいと思います。私も40代になってから入社しましたが、社員として長く働こうと思っています。それができる仕事だと思いますから。
Mさん
若いうちはいっぱい働いて、歳と共に時間を制限したり、自分の体調に合わせて働けます。そういう意味で、女性でも十分できる仕事だと思うので、ぜひ一緒にやりましょう。
Fさん
私と同じような境遇の働くお母さんが、安心して働けるといいなと思っています。いろいろ人間関係に疲れた人にもオススメです。

__Eさんは、いかがですか?


Eさん
まだ入ったばかりなので、アドバイスはありませんが、仲間が増えるのを楽しみに待ってます(笑)。
Tさん
今だったら、みんな同じスタートラインで始められます。“さくらレディース”をこれから私たちと一緒に作っていけます。会社はいろいろ考えてくれるから安心ですって伝えたいです。

__一緒に作っていくって素敵ですね。“さくらレディース”の今後の活躍、期待してます!


一同
ありがとうございました!!


日本交通横浜株式会社
〒245-0051 神奈川県横浜市戸塚区名瀬町1152